Automailインストールガイド

はじめに

"Automail"は、自分のサーバーや外部のメール配信サービス(SMTP)を通じて大量のマーケティングメールを送信するための、わかりやすい利便性と完全な機能を備えたメールマーケティング・ウェブアプリケーションです。
"Automail"をご自分のウェブサーバーにインストールすると、マーケティングメールやトランザクションメールを無制限に使用することができます。 これでもう、Mailchimp、ActiveCampaignといった高価なメールサービスを使う必要はありません。
バージョン4.xの”Automail”では、SaaS(Software as a service)としても設計されているので、あなたはサービスとして機能を提供して利用料を請求することができます。

インストール

"Automail"は、PHPとそのメジャーフレームワークであるLaravelによって開発されており、デベロッパーは簡単に開発してデプロイすることができます。 バージョン4.0の"Automail"は、Laravelの最新バージョンであるLaravel 8をベースにしています。 Laravelに慣れているなら、"Automail"のセットアップすることは他のLaravelプロジェクトのセットアップと同様に簡単でわかりやすいものです。 プログラミングの経験がない方でも、Web UIに沿ってセットアップを行えば、PHPやLaravelといったことを気にする必要はありません。

"Automail"をインストールするには以下の環境が必要となります。

  • OS:Linux (RedHat, Fedora, CentOS, Debian, Ubuntuなど).  残念ながらWindowsとMacOSはまだサポートされていません。
  • PHP:バージョン7.3、7.4、8.x
  • MySQL:バージョン5.x以降
  • アプリケーションサーバー: Apache, Nginx

"Automail"をインストールするには、以下のPHP拡張機能が必要となります。

  • Mbstring
  • OpenSSL
  • Socket
  • PDO Driver
  • Tokenizer
  • PHP Zip Archive
  • IMAP Extension

心配せずとも、"Automail"の設定ウィザードが、あなたのサーバーで拡張機能が利用可能かを確認し、不足している拡張機能をインストールするように促してくれます。 また、これらの拡張機能は、標準的なPHP環境ならば大概利用可能です。
備考:"Automail"はほとんどの共有サーバーで動作し、当社のお客様の多くは共有サーバーで"Automail"を問題なく運用しています。 しかし、高度なメール機能を最大限に活用するために、完全にコントロールできる専用サーバーやVPSをご利用になることをお勧めします。

cPanel環境へのインストール

サブドメインを用いて"Automail"をインストールすることをお勧めします。 仮に、あなたのドメイン名が「mydomain.com」であるとした場合、手順は以下のようになります。
• cPanelにログインします。
• 「marketing」というサブドメインを追加します。
• サブドメイン用のwebrootフォルダ(ドキュメントルート)はそのまま変更せずに作成します。
• "Automail"のソースファイルをサブドメインのwebrootフォルダにアップロードします。 ファイル構造は以下のようになっていることでしょう。


 
• ソースファイルをアップロードした後、必ずサブドメインのドキュメントルートを"Automail"のpublicフォルダに変更してください。
 
• これで、http://marketing.mydomain.comで"Automail"にアクセスできるようになりました。 設定ウィザードを使い、あなたのサーバーに"Automail"をインストールしましょう。
備考:Plesk、DirectAdmin、Kloxoといったの他のウェブホスティングマネージャーの場合も同様です。 重要なことは、"Automail"のpublicフォルダをドメインまたはサブドメインのドキュメントルートに設定することです。

2.2. Apache 2環境へのインストール

インストールする前に、Apacheのmod_rewriteが有効で、mod_securityが無効になっていることを確認してください。
確認後、ソースファイルを解凍します。

cd /home/user/
unzip acellemail.zip

解凍された"Automail"のソースファイルを、あなたのドメインまたはサブドメインのドキュメントルートに置きます。 例えば、"Automail"のソースファイルが/home/user/Automailmailにある場合、Apacheのバーチャルホストを以下のように設定します。 ドキュメントルートの設定に注目してください。

<VirtualHost *:80>
    ServerName yourhost.net
    DocumentRoot "/home/user/acellemail/public"
    Options Indexes FollowSymLinks
    <Directory "/home/user/acellemail/public">
        AllowOverride All Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>

ディレクトリとファイルの所有者をApacheの実行ユーザーのものに変更し、ソースファイルに適切なパーミッションが与えられていることを確認してください。 Ubuntuの場合、Apacheのデフォルトの実行ユーザーはwww-dataです(CentOS、RedHatの場合はapacheです)。

sudo chown www-data:www-data -R /home/user/acellemail
sudo chmod 775 -R /home/user/acellemail

その後、Apacheを再起動してウェブアプリケーションのインストールURLにアクセスします。

http://yourhost.net/install

設定ウィザードを使い、あなたのサーバーに"Automail"をインストールしましょう。

Nginx環境へのインストール

インストールの手順は、Nginx用のウェブアプリケーションの場合と変わりません。 以下はNginx用のバーチャルホストの構成のサンプルとなります。 rootのパラメータに"Automail"のpublicフォルダへの絶対パスを設定してください。

server {
    listen 0..0.0.0:80;
    server_name acelle.yourhost.net;
    root /home/users/acellemail/public;

    index index.html index.php;

    location / {        
        try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
    }

    location ~ .php$ {
        if (!-e $request_filename) { rewrite / /index.php last; }
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(.*)$;
        expires        off;
        fastcgi_param  REQUEST_URI      $request_uri;
        fastcgi_param  QUERY_STRING     $query_string;
        fastcgi_param  REQUEST_METHOD   $request_method;
        fastcgi_param  CONTENT_TYPE     $content_type;
        fastcgi_param  CONTENT_LENGTH   $content_length;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
    }
}

設定ウィザード

"Automail"が起動できたら、設定ウィザードを使ってサーバーに設定することができるようになります。
• まず最初に、"Automail"は、サーバー上のライブラリを確認し、不足しているライブラリをインストールするように促します。
 
• すべての依存関係がインストールされたら、次のステップに進み、ウェブアプリケーションの情報を入力します。 この情報は、後で管理者用コンソールにて変更することができます。

 

• "Automail"はバックグラウンドでMySQLを使用しているため、利用可能なMySQLのデータベースが必要です。 ここで、"Automail"が使用するデータベースへの接続情報を入力します。


 
• データベースへの接続が成功すると、"Automail"はデータベースを初期化し、デフォルトの設定を行い、管理者権限を持つユーザーを作成します。


 
• その後、"Automail"が生成したcronjob設定をサーバーに登録します。 Cronjobは、メールキャンペーンやシステムプロセスをバックグラウンドで起動させて動かすために使用されます。 "Automail"をインストールするフォルダはcronjobプロセスから書き込み可能となるようにしておく必要があります。


 
• 全てのセットアップが完了し、これで"Automail"を使用するための準備が整いました。

始めてみましょう

ユーザーの権限ロールについて

"Automail"は、管理者と顧客という2つの異なる権限ロールをサポートしています。 各ユーザーには、これらの権限ロールの片方または両方を持たせることができます。
• 管理者権限を持つユーザーは以下のことが行えます。
o ユーザー、グループの管理
o プラン、サブスクリプション、支払いと請求の管理
o 送信サーバーの管理
o バウンスハンドラおよびフィードバックハンドラの管理
o アプリケーション設定の管理
o アプリケーションのテンプレートライブラリや各種アセットの管理
o その他
• 顧客ユーザーは実際にメールリストやキャンペーンを取り扱うことができます。
o コンタクト、リード、メールリストの管理
o キャンペーン、自動化の管理
o 独自の送信ドメインの管理
o その他
注:管理者と顧客の両方の権限ロールを持っているユーザーは、ログイン・ログアウトを繰り返すことなく、管理者用コンソールと顧客ユーザー用コンソールを切り替えることができます。

最初のキャンペーンを作成しましょう

メールキャンペーンを送信するためには、以下のものが必要となります。
• 実際にメールの配信を行うための、送信サーバーもしくは送信サービス
• メールを送信する送信先のメールリスト

4.2.1. 送信サーバーを追加しましょう

システムには最低でも1つの送信サーバーが必要となります。 "Sending "から"Sending Servers"と進み、送信サーバーの種類を選択して追加します。 なお、送信サーバーの追加は、管理者権限を持つユーザーか権限を持った顧客ユーザーのいずれかで実行できます。 詳しくはSAASドキュメントの2.4項に記載されています。
バージョン3.0.0の段階で、"Automail"は以下の送信サーバーをサポートしています。
• 標準SMTP:内部/外部のSMTPサービスを介してメールを送信します。
• Sendmail:ホストサーバー上のsendmailプログラムを使い、直接メールを送信します。
• PHP Mail: PHPのmail()関数を使い、直接メールを送信します。
• Amazon SES API/SMTP:AmazonのWeb APIまたは標準的なSMTP接続を使い、Amazon Simple Mail Serviceを介してメールを送信します。
• Mailgun API/SMTP:MailgunのWeb APIまたは標準的なSMTP接続を使い、Mailgunを介してメールを送信します。
• SendGrid API/SMTP:SendGridのWeb API(v2)または標準のSMTP接続を使い、SendGridを介してメールを送信します。
• ElasticEmail API/SMTP:ElasticEmailのWeb API(v2)を使い、メールを送信します。
• SparkPost API/SMTP:ElasticEmailのWeb APIを使い、メールを送信します。
• その他、今後追加予定

4.2.2. メールリストとキャンペーンを作成しましょう

顧客ユーザーは、購読者を管理するためのメールリストを作成することができます。 "Lists "から"Create List"とすすみ、メールリストを作成してください。 これで、リストに購読者を追加したり、"Automail"の購読フォームで購読を受け付けられるようになります。 また、CSVファイルから購読者をインポートすることもできます。
メールリストの準備ができたら、リストに送信するメールキャンペーンを作成しましょう。 "Campaigns "から"Create Campaign"に進み、送信するメールリストを選択し、手順に従ってキャンペーンを設定して送信します。
これで完了です。 キャンペーンのメール配信状況(送信済み / バウンスメール / 開封済み)は、キャンペーンの統計画面でいつでも確認できます。

5. よくある問題と解決策

open_basedir制限

ウェブアプリケーションを開く際に、以下のようなエラーが生じるような場合が該当します

ErrorException in /home/user/webapps/acellemail/app/Library/Tool.php line 637:
is_executable(): open_basedir restriction in effect. File(/usr/bin/php) is not within the allowed path(s): (/home/user/webapps/acellemail/email:/var/lib/php/session:/tmp)

Or

ERROR: The directory [/storage/app] must be writable by the web server.
ERROR: The directory [/storage/framework] must be writable by the web server.
ERROR: The directory [/storage/logs] must be writable by the web server.
ERROR: The directory [/bootstrap/cache] must be writable by the web server.

これらのディレクトリが書き込み可能であることを確認しているにもかかわらず生じている場合、サーバーでopen_basedir設定が有効になっているためにアプリケーションの起動が妨げられていることが考えられます。 Pleskを使用している場合にはドメイン設定のページでオフにすることができます。 以下のスクリーンショットを参照して、open_basedirがnoneとなるよう設定を確認してください。

404 Not Found

ウェブアプリケーションを開く際に、以下のようなエラーが生じるような場合が該当します
Error -
The requested URL /install was not found on this server.
この場合、お使いのウェブアプリケーションサーバーでmod_rewriteがまだ有効になっていない可能性が考えられます。 mod_rewriteを有効にしてApache / Nginxウェブサーバーを再起動し、ページを更新してください。

500 Internal Server Error

500エラーが発生している場合、ファイルのパーミッションエラーであることが考えられます。 cPanelを使用している場合、ファイル/ディレクトリのパーミッションが775ではなく644または755に正しく設定されていることを確認してください。
また同様に、"Automail"のpublicフォルダ以下のファイル/ディレクトリのパーミッションも正しく設定されていることを確認してください。
親ディレクトリのパーミッションを変更しても、その中にあるすべての子ディレクトリにまで再帰的に適用されるとは限りません。
サポートが必要なら
当社の製品ページをご覧ください。 当社プロフィールのお問い合わせフォームに、必要な情報を入力いただきお問い合わせください。

ヘルプが必要ですか?

製品ページをご覧ください。 そこで、問い合わせフォームから必要な情報についてのお問い合わせを送信できます。


ぜひご参加ください、最新情報とアップデートをお届けします!
プライバシーを守り、週に1回のペースでメールを送ります

SHINO
SHINOは、eコマースとデジタルマーケティングを専門とするプロのテクニカルライターです。 彼女は、ソフトウェア開発者およびマーケティングエグゼクティブとして10年以上の経験があります。 彼女はまた、ビジネスアナリストおよび製品所有者としてAutomailプロジェクトに関与しています。

タグ マーケティング 見込み顧客管理
注目のアプリ Typeform