メールマーケティングについて

メールマーケティングについて

それはまさしく、ビジネスの製品やサービスのプロモーションや、顧客のロイヤリティを高めるためのマーケティング活動の一環にメールの活用を取り入れることです。 メールマーケティングとは、メールリストに登録してもらった顧客に新製品や割引、その他のサービスを知らせることができるマーケティングの一形態です。 また、あなたのブランドの価値を伝えたり、顧客のエンゲージメントを保つといったソフトなセールスも可能です。 そして、その中間のようなものもあります。 Automailは、マーケティングプログラムであなたが最高のROIを得るためのメールマーケティングの設計、構築、最適化を実現する一助となります。

もし、あなたがご自身のブランドを成長させたい、ご自身の商品を販売したいとお考えならば、メールマーケティングはマーケティングキャンペーンにおいて最も一般的で効果的なツールの一つとなります。 この記事では、メールマーケティング、プロモーションメールを活用することがビジネスの成長にどのように役立つのかについて説明し、メールマーケティングキャンペーンを成功させるためのヒントをご紹介します。

メールマーケティングとは

メールマーケティングとは、メールを使ってあなたのビジネスの製品やサービスのプロモーションを行う、デジタルマーケティングと並んで強力なダイレクトマーケティングの一種となるマーケティングチャネルです。 自動化マーケティングを採用することで、顧客に最新の商品や特典を周知させることができるようになります。 また、様々なタイプのマーケティングメールを活用することで、見込み客獲得、ブランド認知、顧客との関係性の構築、購入後の顧客のエンゲージメントの維持などのマーケティング戦略において重要な役割を果たすことができます。

メールマーケティングの利点

イギリスのダイレクトマーケティング協会(DMA)が2015年に行った調査によれば、メールを活用すると1ドルあたり平均38ドルの投資収益(ROI)が得られるという結果が出ています。 メールマーケティングの効力についてもっとよくお知りになりたいならば、業界別のメールマーケティング統計をご覧ください。

メールマーケティングでは、ブログやソーシャルメディアなど、ユーザーに訪問してもらいたい場所へのトラフィックを増やしつつ、顧客との関係を築くことができます。 また、顧客の属性に合わせてターゲットを絞ってメールをセグメント化することで、もっと見たいと思ってもらえる顧客にだけメッセージを送ることができます。 ここでは、メールマーケティングを始めるためのヒントをご紹介します。

また、メールマーケティングでは、設定や送信が容易なメールマーケティング用のソフトウェアを使い、件名やCTAのA/Bテストを行って、最も効果的なメッセージを作り上げることができます。 メールマーケティングで更にどのようなことができるのかを知るには、Automailのメールテンプレート集をご確認ください。

メールマーケティングリスト構築のヒント

そもそも、インターネットマーケティングの一環として、第一にメール配信者をどうやって獲得するのでしょうか? これには、いくつかの方法がありますが、マーケティングのベストプラクティスを鑑みて、いずれにせよ顧客を適正に取り扱うということが欠かせません。

  • メールリストを買わない。 Automailを含む、多くのメールマーケティング企業はメールアドレスに関して厳正な権限に基づいたポリシーを採用しており、購入したリストへの送信は禁止しています。 そのようなことではなく、リードマグネットを活用し、あなたからのメッセージを受け取ることをオプトインしてくれる人を増やすことに注力してください。
  • 国内、および国際的なメール規制に注意する。 自動配信メールを送信する際には、米国のCAN-SPAM法、カナダの迷惑メール防止法(CASL)、EUの個人情報保護規則(GDPR)など、個人情報の取り扱いについて、その地域の法的要件や適用される法律を必ず遵守してください。 あなた自身の所在地とあなたの顧客の所在地の両方に基づき、どの法律が適用されるかを把握しておくことはご自身の責任となります。 メールのスパムフィルターを回避するためのアドバイスはこちらをご参照ください。
  • メールを使ってお客様と対話をしましょう。 メールは優れたマーケティングツールですが、それ以外にもビジネスに役立つことがたくさんあります。 通常のマーケティングコンテンツの配信の合間に時折、アンケートを送ったり、購入してくれたお客様に感謝の気持ちを伝えたり、カートに放置されたものへフォローアップをしたり、ただの挨拶をしたりしてみてください。 これによりメール受信者に貴重なフィードバックを提供する機会を与えるだけでなく、ビジネスに係わる人物をより深く理解してもらうことができます。
  • 本当に必要なときだけ送信するようにしましょう。 一度、オプトインしてもらったからといって、その承諾を濫用してはいけません。 余計なメールを送っていると、受信者の興味を損なって完全に退会されてしまいます。 受信者が好きなことについて、関連性のある魅力的なメッセージを送ることにフォーカスしていれば、ずっと長い間、ロイヤリティを保てます。
ヘルプが必要ですか?

製品ページをご覧ください。 そこで、問い合わせフォームから必要な情報についてのお問い合わせを送信できます。


ぜひご参加ください、最新情報とアップデートをお届けします!
プライバシーを守り、週に1回のペースでメールを送ります

SHINO
SHINOは、eコマースとデジタルマーケティングを専門とするプロのテクニカルライターです。 彼女は、ソフトウェア開発者およびマーケティングエグゼクティブとして10年以上の経験があります。 彼女はまた、ビジネスアナリストおよび製品所有者としてAutomailプロジェクトに関与しています。

タグ マーケティング 見込み顧客管理
注目のアプリ Typeform