AutomailとAmazon SES

はじめに

Amazon Simple Email Service (SES)は、費用対効果が高く柔軟性と拡張性に優れたEメールサービスで、開発者はあらゆるアプリケーション内からメールを送信することができます。 Amazon SESの柔軟なIPデプロイとメール認証オプションは、高い配信性能を有し、送信者としての評価の保護の一助となり、送信分析によって個々のメールの効果を測定します。 Amazon SESを使うと、大規模なグローバルに対して安全にメールを送信することができます。 Automailでは、Amazon APIキーを使うことで、簡単にAmazon SESを介してメールを送信するよう設定することができます。

Amazon SES自体に慣れていない方は、最初は戸惑うかもしれません。 AutomailをAmazon SESに接続する前に、まずAmazon SESの設定を行う必要があります。

ステップ1:AWSアカウントを作成する

自分のAWSアカウントの作成は無料で簡単です。 まずはここを参照してください。

ステップ2: ドメインの検証をする

 Amazon SESを使うには、第三者に使用されることを防ぐために、あなたの電子メールアドレスまたはドメインについて本当の所有者であると確認するための検証をする必要があります。

ドメイン全体の検証をすると、そのドメインからのすべての電子メールアドレスを検証することになるので、そのドメインの電子メールアドレスを個別に検証する必要はありません。 例えば、example.comというドメインを検証した場合、user1@example.com、user2@example.comや、ほかのexample.comのユーザーから送信することができます。

AWS > SESのダッシュボードへ行き、指示に従って最初のドメインを追加・検証します。

ステップ3:本番環境へのアクセスを有効にする

AWSサンドボックスの制限について

詐欺や不正な濫用を防ぎ、送信者としての評価を保護するために、AWSは新しいAmazon SESアカウントに一定の制限を適用しています。 このため、AWSはすべての新しいアカウントをAmazon SESサンドボックス内に配置します。 アカウントがサンドボックス内にある間も、Amazon SESのすべての機能を使用することはできますが、アカウントがサンドボックス内にある場合、以下の制限がアカウントに適用されます。

  • 検証済みの電子メールアドレス、ドメイン、またはAmazon SESのメールボックスシミュレータにしかメールを送信できません。
  • 検証済みのメールアドレスやドメインからしかメールを送信できません。

そのため、Automailで使うためには、アカウントをサンドボックスから出す必要があります。

本番環境へのアクセスを有効にする

アカウントのAmazon SESをサンドボックスから出すように申請するには、AWSマネジメントコンソールを使い、次のようにします。

  •  https://console.aws.amazon.com/ses/にアクセスし、Amazon SES コンソールを開きます。
  • ナビゲーションペインの「Email Sending」で「Sending Statistics」を選択します。
  • 以下の画像のように、[Your account details]で[Edit your account details]を選択します。

account detailsダイアログで、以下のアカウント詳細を入力します。

  •  [Enable production access]で[Yes]を選択します。
  •  [Mail Type]では、送信する予定のメールの種類を選択します。 複数の値が当てはまる場合は、主として送信する予定のメールに該当するオプションを選択します。
  •  [Website URL]には、あなたのウェブサイトのURLを入力してください。 この情報を提供することで、AWSにあなたが送信する予定のコンテンツの種類をよりよく伝えることができます。
  •  [Use case description]には、Amazon SESを使ってどのようにEメールを送信する予定なのかについての説明を入力します。 申請が処理されやすくするためには、以下の事柄に回答することが望まれます。
    • 送信先メールアドレスをどのようにして取得するのか
    • バウンスやクレームについてどのように対処するのか
    • どのようにして受信者があなたからのメールの受信を拒否することができるようにするのか
    • 今回の申請で指定した送信量や送信クォータをどのようにして決めたのか
  • [Additional contact addresses]では、アカウントに関する連絡先を入力します。 これは、最大4つまでのメールアドレスをカンマで区切ったリスト形式で設定することができます。
  • [Preferred contact language]では、本件に関する連絡を英語か日本語のどちらで受け取るかを選択します。
  • 完了したら、「Submit request」をクリックします。

アカウントのサンドボックス状態を確認する

Amazon SESのコンソールで、自分のアカウントがまだサンドボックス内にあるのかを判断できます。

  • https://console.aws.amazon.com/ses/にアクセスし、Amazon SES コンソールを開きます。
  • ナビゲーションペインで、[Email Sending]の下の[Sending Statistics]を選択します。
  • Your account detailsの下に、あなたのアカウントの状態が表示されます。

サンドボックスから本番環境への移行申請がまだ審査中の場合は、本番環境のアクセス状態は「サンドボックス」のままとなっています。 また、申請が拒否された場合や失敗した場合も、バナーに状態が表示されます。

サンドボックスから本番環境への移行申請が許可されると、本番環境のアクセス状態に「Enabled」と表示されます。

AutomailAWSと連携させる

AWSアカウントの本番環境のアクセスを有効にすると、Automailの配信サービスとしてAWSを利用することができます。

AWS API キーペアを取得する

  • ルートユーザーでAWSマネジメントコンソールにサインインします。
  • 右上のナビゲーションバーでアカウント名かアカウント番号をクリックし、[マイセキュリティ資格情報]をクリックします。
  • [アクセスキー] セクションを開きます。
  • [新しいアクセスキーの作成]をクリックします。 すでに2つのアクセスキーを持っている場合、このボタンは無効となっているので、新しいアクセスキーを作成するためには既にあるアクセスキーを削除する必要があります。 ダイアログが表示されたら、[アクセスキーを表示] または [キーファイルのダウンロード] を選択します。 シークレットアクセスキーはここでしか保存できないので、これを安全な場所に保存した後に、「閉じる」を選択します。

AutomailAmazon API送信サーバーを作成する

AWSのキーペアを保存できたなら、次にAutomailにAWS SESと接続する送信サーバーを設定します。

  • Automailの管理者用コンソールにログインします。
  • "Sending">"Sending Server">"New Sending Server"と進みます。
  • 送信サーバータイプで"Amazon API "を選択します。
  • APIキーのペアをフォームに記入し、"Save"をクリックします。

入力された認証情報が正しければ、Automailは送信サーバーについての次の構成設定ページを表示します。

%IMG%

Amazon APIによる送信サーバーをプランに関連付ける

次のステップは、Amazon APIによる送信サーバーをプランに関連付けることです。

  • "Plan" > "Manage Plans"と進み、ダッシュボードに移動します。
  • まだプランがない場合には、「新規プラン」を選択します。
  • プランを適切に設定し、送信サーバーのページに移動します。
  • プランの送信サーバー設定ページで、以下のスクリーンショットのように、配信設定に"Use system’s sending servers"のオプションが選択されていることを確認してください。

https://prnt.sc/1yfhj28

  • ["Add Sending Server"]ボタンをクリックし、前のステップで追加したAmazon APIによる送信サーバーを選択します。
  • ["Save"]をクリックして完了です。

これで、このプランに加入しているユーザーは、Amazon APIによる送信サーバーを使ってマーケティングキャンペーンを送信できるようになります。

ドメイン認証

既に述べた通りとなります。

Amazon SESを使うには、第三者に使用されることを防ぐために、あなたの電子メールアドレスまたはドメインについて本当の所有者であると確認するための検証をする必要があります。

ドメイン全体の検証をすると、そのドメインからのすべての電子メールアドレスを検証することになるので、そのドメインの電子メールアドレスを個別に検証する必要はありません。 例えば、example.comというドメインを検証した場合、user1@example.com、user2@example.comや、ほかのexample.comのユーザーから送信することができます。

認証されたメールアドレスまたは送信ドメインがないと、AutomailとAmazonではキャンペーンにFROM EMAILアドレスを設定することができません。

認証済みの個々のメールアドレスより、認証済みのドメインを使用することを強くお勧めします。 送信ドメインが認証されていると、メールはDKIMで保護されます。 DKIMによるシグネチャは、メールボックス提供業者があなたを正当な送信者として確認するためのもので、メールスプーフィングとして知られるフィッシング攻撃を防止します。 そして、メールにDKIMによるシグネチャがあることで、メールが迷惑メールフォルダではなく、受信者のメールボックスに届く可能性が高くなります。

Automailで送信ドメインを追加し検証するには2つの方法があります。

全顧客ユーザーのための共用送信ドメインを追加する

AWSコンソールで送信ドメインを追加し、検証することで可能です。 AutomailでAmazon APIかSMTP送信サーバーを作成すると、AWS SESで利用可能なドメインが自動的に取り込まれ、送信ドメインとしてすぐに使用することができます。 利用可能なドメインのリストは、Amazon APIまたはSMTP送信サーバーの設定ページで確認できます。 以下のスクリーンショットを参照にしてください。

https://prnt.sc/1yfk1ps

そして、利用可能な送信ドメインを使い、キャンペーンのFROM EMAILアドレスを設定することができるようになります。 これは、Automailが表示する利用可能なドメインの中から選択することで可能です。

例えば、キャンペーンの設定ページのFROM EMAILアドレスの入力フィールドに"noreply "と入力すると、Automailは利用可能なすべての送信ドメインの中からサジェストを表示します。

https://prnt.sc/1yfkfnw

送信サーバーのダッシュボードにある"Availability"オプションを確認してください。 このオプションのON・OFFを切り替えることで、あなたの顧客ユーザーに対する送信ドメインの表示・非表示を切り替えることができます。

顧客ユーザーが自身の独自送信ドメインを追加できるようにする

ほとんどの場合、AWS SESにあなたが追加した共用ドメインを使用するのではなく、あなたの顧客ユーザーが自身の独自送信ドメインを使ってメールを送信することができます。 この設定は、あなたの顧客ユーザーが自身のものでメールを送信できるようにするための推奨される設定です。

Automailでは、ウェブインターフェイスで直接自分の送信ドメインを簡単に追加することができるようになっています。

  • ログインするか、顧客ユーザー画面に切り替えます。
  •  "Sending" > "Sending domains "と進みます。
  • "Add domain"ボタンをクリックします。
  • ドメイン名を入力し、"Save"をクリックします。
  • ドメイン検証ダッシュボードで、ドメインのDNSサーバーに追加するために必要な DNSレコードを含んだドメイン検証用レコードセットを確認することができます。
  • DNSレコードを設定したら、"Verify"をクリックします。 

重要:ドメインのDNSレコードへの変更は、通常は数分で完了しますが、全世界に伝播しきるまでには最大で72時間かかることがあります。

 

ヘルプが必要ですか?

製品ページをご覧ください。 そこで、問い合わせフォームから必要な情報についてのお問い合わせを送信できます。


ぜひご参加ください、最新情報とアップデートをお届けします!
プライバシーを守り、週に1回のペースでメールを送ります

SHINO
SHINOは、eコマースとデジタルマーケティングを専門とするプロのテクニカルライターです。 彼女は、ソフトウェア開発者およびマーケティングエグゼクティブとして10年以上の経験があります。 彼女はまた、ビジネスアナリストおよび製品所有者としてAutomailプロジェクトに関与しています。

タグ マーケティング 見込み顧客管理
注目のアプリ Typeform