AUTOMATILとデジタルマーケティングのすべて

開発センター

Automailは拡張性と成長性を考慮して設計されています。 Automailをカスタマイズしたり、プラグインを作成することで、独自のビジネスモデルやシナリオに合わせた最適な形にすることができます。

朗報です。Automailは現在Laravel8を基としていますので、コーディング前にチェックしてください。
Laravel 8のリリース arrow_right

開発者がAutomailをカスタマイズする方法

プラグインを作成する

PHPで独自のプラグインを作り、Automailのコアイベントに連動させることで独自の動作や機能を追加することができます。

APIを使う

すでに独自のアプリケーションやプラットフォームをお持ちならば、REST APIを使うことでAutomailのデータにアクセスしたり、機能を動かすことができます。

ソースのアップデート

AutomailはLaravel 8で書かれているので、PHPやLaravelに精通した開発者にとっては非常に簡単です。

独自の機能をシームレスに組み込むことができます。

独自の機能やデータをコアのイベントに紐づけたカスタムプラグインを作成してAutomatilを拡張することにより、シームレスにAutomatilとほかのアプリケーションを連携させることができます。 これは、推奨される(かつ簡単な)方法です。

独自のアプリケーションからAutomatilと自動的に通信する

すでに独自のアプリケーションやプラットフォームがあるならば、例えば連絡先リストを同期させるといった場合には、REST APIはAutomailと連携させるための最適な選択肢です。

ただAutomailのコードを好きなように変更するだけ

最後に、これだけではありませんが、Automailのソースコードはいつでも必要に応じて変更することができます。 これは、PHPとLaravelに精通した高度な開発者向けです。

Automailと提携したら...

お客様に素晴らしい体験をしていただきながら、新たな収益源を作ることができます。

すぐに始められます

先行投資は必要ありません。すぐに始めることができます。

技術サポート

サポートが必要な場合は、いつでもご連絡ください。

パートナーポータルへのアクセス

Automailのパートナー専用ポータルにアクセスできます。

スナップショット付きサンドボックスアカウント

クライアント用にサンドボックスアカウントを複製することで、フルアカウントのセットアップを素早く行うことができます。

パートナーの声

Automailのパートナーになることで、このテクノロジーの最前線に立つことができます。 Automailよりも自動化を得意とする企業はありません。

_____
JEFF DAVIS氏(VICTORY MEDIA GROUP社長、2015年よりパートナー)